FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックオフの弱点見つけたり!

「お前の技は見切った」


開店前のブックオフの前で、腕を組んで仁王立ちする自分。

昨日、1円本の怒涛の攻撃で元々折れやすい心をタコ殴りにされた僕ですが、闘うにはまず敵を知るところから。

帰宅後、マウスを涙で濡らしながら、ネットで調べ物。

「せどり」 「初心者」 「心が折れそう」 「ていうかほんとに儲かんの?」


みたいなワードで検索をかけ、それらしいサイトをいくつか巡ってみました。


どのサイトの情報も自分が今まで知らなかった世界の事ばかりで、とても勉強になりました。
そして、有益な情報をいくつか知った時、あんなに大きく見えたブックオフが自分の中でとても小さな敵に映ったのでした。


どうやら一般層向けのビジネス書の類はそんなに売れないとの事。
専門的な内容ならともかく、半分が精神論で構成されてるようなビジネス指南書のような本は価格が下がりやすい傾向にあるようです。

僕が参考にしたサイトで「このジャンルは売れやすい」というものは


○語学系

○医療・医学系

○(専門的な)コンピューター関連



このあたりが人気だとか。


闘いの基本は相手の弱点を責める事。

昨日はブックオフの一番装甲の厚い部分(売れないビジネス書)を必死に叩いてたわけですね。
弱点(語学とか医療とかコンピューターとか)が分かれば怖いものなし。
レッツリベンジ!



というわけで、まずは語学系の本から当たっていくことにしました。
語学と言えば最もポピュラーなのが「英語」


・・・チッチッ


これだから素人は。


英語なんて幅広く需要がありそうなジャンルはその分世に出回っている数も多いわけで、数が多いという事は中古で出品する人も多いというわけで、値下がる可能性も高いという事。
僕は気づきましたね。
ここはスペイン語とかポルトガル語とかエスペラント語とか、あまり需要の無さそうなコアなジャンルを狙うべきだと!

だって見てくださいよこれ!


12031.jpg



はっせんえん!


こんなの見つけたらうはうはですねー♪

と、意気込んで語学の棚に来たわけですが…









無い。



エスペラント語も、ヴォティック語も、カヤルディルド語も、サーミ語も無い!!

なぜだっ!?



…ま、そりゃそうです。

需要が無いという事は、その分世に出回っている数も少ないわけで、古本屋に出回る確率も低いわけで。


サーミ語なんて世界で二人しか話す人が居ないわけですから、そんなもんの解説書がこんな日本の古本屋に置いてあるわけがないですよね…

あるのは古めかしい英会話の本と、ハングル系が少しだけ。

一応調べてみましたが、やっぱりどれも1円でした。


同じように、医療系の棚も目ぼしいものは無く、コンピューター系もあるのは数年前~十数年前のアプリケーションのガイドブックばかりでどれも安いものばかり。



ブックオフに死角無し。

弱点と思われていた部分も完全に塞がれ、見事に思惑が外れた僕はまたあてもなく手当たり次第に当たりかはずれかも分からない棚で片っ端からサーチする事になったのでした…


心が折れるまであと30分。

続きはまた後程。

ではでは。
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
自分で、旦那に、彼氏に!働く男のLINEスタンプ作りました!
プロフィール

sukekiyon

Author:sukekiyon
このブログを書き始めた頃は「何十万という稼ぎは無理だけど、ゆるーい店舗せどりでそんなに労力もかけずに月に3~5万の収入を得る」というコンセプトでやっていたのですが、

ブック○フのせどり対策で徐々にリアル店舗より追い出され、その時に出会った「海外amazon輸入せどり」にすっかりハマってしまい、
今では海外のamazonをメインに仕入れる転売せどりで稼ぐようになりました。

店舗のせどりより楽!そして稼げる!相変わらずゆるーくやってますが、「毎月3~5万」から、「毎月5~8万」くらいにはレベルアップしました。
でもタイトルはそのままにしておきます(笑

- 詳しくはこちら(旧プロフィール)。-

電脳せどりでなかなか仕入られない人にはこれ
ライバルの少ない輸入せどりを始めたい人にはこれ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。